54日目

こんにちは 54日目

 

今日もシアトル日記。クルーズについて書こうと思う。City Passのプランの中に含まれていたクルーズはARGOSYという会社が船を出している。いろんなタイプのクルージングがあったが、プランで決められていたのは一時間のコースだった。乗ったときはちょうど晴れていたのでとてもいい景色を見ることができた。だんだん雲が多くなってきて風も出てきて船上は寒くなったけど良かった。

f:id:shindodayo:20191019163439j:image
f:id:shindodayo:20191019163443j:image
f:id:shindodayo:20191019163456j:image
f:id:shindodayo:20191019163450j:image
f:id:shindodayo:20191019163447j:image
f:id:shindodayo:20191019163435j:image

今日の写真はクルーズから。とにかくいい眺めだった。感動をありがとう!!

53日目

こんにちは 53日目

 

今日もシアトル旅行記の続き。今回はMuseum of Pop Culture(MoPOP)について書こうと思う。場所はスペースニードルとかチフーリガラスガーデンとかの近く。そこらへんはシアトルセンターという場所で博物館とかの観光スポットが固まっている。MoPOPは見た目からキラキラ光りを反射してて何があるんだと興味を引き立てる外観をしてた。中は大きく三つのギャラリーに分かれていた。常設展のほかにも季節限定の特別展もやっていた。行ったときはロックバンドのNirvanaや、アメリカのミュージシャンのプリンスについての展示会が開かれていた。とにかく見どころがたくさんあってどんどん歩を進めないと見終わるのにめっちゃ時間がかかりそうだった。

ポップカルチャーという名前の通り、音楽のギャラリーだとかメディア系のギャラリーだとか普段はなじみがなかったり、普通の博物館では見られないものを見ることができたのでとてもよかった。

f:id:shindodayo:20191018153833j:image
f:id:shindodayo:20191018153817j:image
f:id:shindodayo:20191018153824j:image
f:id:shindodayo:20191018153829j:image
f:id:shindodayo:20191018153820j:image
f:id:shindodayo:20191018153809j:image
f:id:shindodayo:20191018153836j:image
f:id:shindodayo:20191018153814j:image

今日の写真はMoPOPから。テンションが上がったのはハリーポッターの映画で使われた衣装が一部飾られていたところ。すごい!3枚目の写真はここの有名な作品。ギターやピアノといった楽器が塔のようになっている。かなり高いので下から上まで全部が映った写真を撮るのができないほどだった。

52日目

こんにちは 52日目

 

今日は水曜日。あっという間にもう週の半分が終わってしまった。

シアトルのことについてまた書こうと思う。今回は、チフーリ・ガーデン・アンド・ガラスについて書く。ここもスペースニードルに次いでめちゃくちゃ気に入ったスポットだ。チフーリさんという偉大なガラスアーティストの作品が飾ってあるところだ。室内と室外に展示物が並んでいてテーマごとに区切られている。どうやって加工したのか不思議に思えるガラス細工ばかりで魅了された。シアトルに行ったら、スペースニードルと合わせて行っておきたい場所だ。

f:id:shindodayo:20191017161740j:image
f:id:shindodayo:20191017161748j:image
f:id:shindodayo:20191017161733j:image
f:id:shindodayo:20191017161728j:image
f:id:shindodayo:20191017161751j:image
f:id:shindodayo:20191017161744j:image
f:id:shindodayo:20191017161736j:image

今日の写真はチフーリ・ガーデン・アンド・ガラスから。カラフルで映える写真ばかりだったの沢山写真をとってしまった。いくつかの作品は日本の古い芸術からインスピレーションを受けて作ったみたいなのもあった。

51日目

こんにちは 51日目

 

今日はシアトルのことを書こうと思う。シアトル旅行の中で個人的に一番良かった場所はスペースニードルだ。ありきたりな回答だけど、やっぱり一番印象に残っている。スペースニードルとはシアトルのランドマーク的なもので展望タワーだ。高さは184メートルとあんまり高くないが、坂の上にあるので町や港を見下ろすことができる。自分たちは2日目の夜に行った。夜景を見たいと話し合っていて6時半過ぎにむかったら思いのほか多くの観光客がいて入場の列ができていた。結果的に展望台に上れたのは7時半前で、営業時間が8時までなので急いで写真を撮ったり、景色を楽しんだりした。

スペースニードルはダウンタウンから少し離れたところにあるので、周りには高い建物がなくほんとにビル群と港を一望できる。何万ドルの夜景なんだろうなぁと思うほどキラキラしていた。天気も良く絶好の夜だった。

f:id:shindodayo:20191016154850j:image
f:id:shindodayo:20191016154846j:image
f:id:shindodayo:20191016154855j:image
f:id:shindodayo:20191016154838j:image
f:id:shindodayo:20191016154842j:image

今日の写真はスペースニードルから。日中・夕方・夜と時間によって見せる姿が違っていた。あとは夜景。写真撮るの難しかった。展望台がゆっくり回っていてぶれちゃうんだよね。もちろん下の透けているガラスもあったよ。一部じゃなくて床一面だったからびびった。

50日目

こんにちは 50日目

 

せっかくの節目の日だけど、疲れてて日付またいじゃった。連休明けの授業だったので最初の2時間は自習みたいなものですごく楽だった。

ちなみに次の連休は11月末からのThanksgivingなので1ヶ月以上先だ。考えると果てしなくてしんどいので、忘れよう。

シアトルのことを書きたいけど、今日はめんどくさくなっちゃったので次の日にまわす

f:id:shindodayo:20191016004008j:image
f:id:shindodayo:20191016004004j:image

今日の写真は行き帰りに利用した高速バス。BoltBusといって往復38ドルだった。めっちゃ安い。車内はすこし汚いけど、耐えられないほどじゃないのでOK

49日目

こんにちは 49日目

 

シアトル4日目。連休最終日の今日はクルーズを楽しんだ。

City Passの中に含まれているプランの一つで、一時間のシアトルの湾口クルーズだった。今日も天気がついていて晴れ時々くもりだったので最高の眺めを見ることができた。

今日はそんなもんしかできず、ポートランドに帰ってきた。シアトルをまとめると、ポートランドと似ていて一回り大きくした港町という感じだ。日本でいうと神戸を想像するといいと思う。(実際、この二つの都市は姉妹都市)海と坂の組み合わせが美しい街並みを形作っていた。スペースニードルからみた夜景がほんとによかった。街の雰囲気も過ごしやすくていいところだった。いい連休を過ごすことができた。

f:id:shindodayo:20191014155345j:image
f:id:shindodayo:20191014155342j:image
f:id:shindodayo:20191014155349j:image

今日の写真は、クルーズから。明日からの写真はシアトル旅行中のものを載せていこうと思う。

48日目

こんにちは 48日目

 

シアトル3日目。今日はシアトル中心部から少し移動して、ボーイング社の工場見学に行った。ここは飛行機の組み立てを生で見ることができる世界でも珍しい場所だ。ホテルから2時間くらいかかったけど、貴重な経験をすることができたのでよかった。

着いて、工場見学のツアーに申し込んだ。大人は25ドルかかる。ツアーではまずDVDを見て、そのあとバスで移動して工場内見学をした。747や 777 の組み立てられているところをガイドの説明がありつつ見学した。組み立てられている飛行機の中にはJALの機体もあった!工場は今日は従業員がいなかったので稼働していなかった。全部で90分のツアーだった。残念ながら写真撮影は禁止で、バッグ、財布、携帯類は全部ロッカーに預けての見学だった。

f:id:shindodayo:20191013170511j:image
f:id:shindodayo:20191013170507j:image
f:id:shindodayo:20191013170514j:image

今日の写真は、ボーイング社の見学から。ディスプレイが展示されていてそれは撮影できた。あと屋外にでて敷地を眺めることができた。飛行機がずらーーーっとならんでいて、まるで空港のようだった。個人でここに行くのはなかなか大変だが、代理店のツアーとかがあるらしいので、飛行機好きの人はぜひ訪れるといいだろう、